スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

姫のほーりつ

ママ、おんぶ





「よいしょっ」 「やった♪
130318_02.jpg

姫は甘えすぎです。(`・ω・´)


「そうね。 姫ちゃんもそろそろおんぶは卒業しなきゃね」 「え~、やだぁ
130318_03.jpg


ん~…あ!
130318_04.jpg


あのね、好きな人にはおんぶしてもらってもいいですって、ほーりつで決まってるんだよ」 「え? そうなの?」
130318_05.jpg

そうだったのか!?Σ( ̄□ ̄;)


「そっかぁ…じゃあ、あとでママも姫ちゃんにおんぶしてもらおっと♪」 「
130318_06.jpg

パパもね。


わわ あ、あのね…えっと……もう少し大きくなるまで待ってて」 「やだ」
130318_07.jpg

とは言え、実のところ甘えられるのは好きなんですけどね(〃'▽'〃)



記事が気に入られたら、クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
スポンサーサイト

コメント

法律は決まってますよ(汗)

やまだくーん。リリアママに座布団一枚!!v-218 

こんばんわ。 姫ちゃんの爪先立ちを、どう固定しているか不思議でならない私です。

 ほーりつとはまた、姫ちゃんは面白い策を出してきましたねーe-440 リリアママが一枚上手でしたがv-238 ふたりのおんぶがとても可愛い。・・・・よく倒れないもんだe-330よく自立できるもんだe-330 と思ってたりもして。 実際に“おんぶ”をやらせると、まー、倒れるわ、倒れるわ。(´-ω-`) 何回も倒すと銀リリアにシバかれそうなので、回数制限アリです。

 私も、姫ちゃんを大いに甘やかしそうなので、おとそらパパにアレコレ言えません。 ああ、姫ちゃんみたいな娘、来ないかなー(´-ω-`) そうだ、ルルナに期待しようe-266e-266 

銀リリア「おとそらパパのような、一途なマスターはいないかしらねぇe-450

私「すいません。やぶ蛇でした。」
http://photozou.jp/photo/show/2907285/172108579

銀リリア「そうそう。素直になれば、サメ子とも、そんなに揉めなかったでしょうに。(´~`)」

私「『オーラを感じますサメ。』だって。なかなかしか感じないんだと。e-440

銀リリアe-262

私「ま、君以上の実力者がいるからねー(´~`)」

銀リリア「私以上の“怖さ”を持った女子もいるしね・・・・・e-447って、ちょっとまて!! これじゃ、私は半端者じゃない!!e-260

私「あ?気付いた? 戦闘力は白セシリーが上だしぃe-440 怖さは茶リリアの方がぁe-440

銀リリア「ちょe-330言うな!!あんた、 “銀髪のリリアに文句を言ってはいけない”って法律に触れる気!?」

私「お前、追い詰められて何、支離滅裂なことを・・・・(´-ω-`)」

青セシリー「では!!“姫様は、青髪のセシリーに毎日抱きつかなくてはならない”と言う法律に、姫様は抵触していらっしゃるのではないですか!?」

私「なに、のっかんてんだお前!!つーか、久々だなあ!!e-260

青セシリー「マスターが、服のボタンを付け直してくれれば、何時でも出れますが?e-450

私「ヴッe-330

白セシリー「そういえば“白髪のセシリーのマスターは、二日に一度は寿司を食べさせなくてはいけない”の法律を違反してますねe-450

私「だから、乗っかるなよ!e-330

白セシリー「割と本気です。e-271

私「ゲッe-330

銀リリア「マジ?e-263

茶リリア「やっぱり、私ものっかった方がいいですよね?」

銀リリア「ちょっe-263聞くな!!」

黒リリア「・・・・・・甘える姫ちゃんは素晴らしい。」

私「最後の台詞は要らんよな!?要らんよな!?e-451

e-296e-296e-296e-296e-296e-296

私「ヒッe-447・・・・って、誰って、えええええええ!?」

銀リリア「・・・・・な、なんじゃこりゃーーーv-12

金リリア「・・・・黙れ銀色。俺が法律だ。俺が来るまで、おとなしく待て。これが、この家のこれからの法律だ。細胞に叩き込んでおけe-262 」

私達(ちょっe-330e-330e-330まさかの“未来日記e-447ですかー?)

金リリアの性格は予告無く変更することがあります。 決定してませんよ。原案だよーe-447 
 姫ちゃんが法律なんていいだすから、皆のっちゃいましたよe-466 我家だったら、姫ちゃんの法律は万々歳なんですからv-238v-238 法律を思いついた姫ちゃんの顔が可愛くてたまりません(*´д`*)ハァハァ ああ、これだから『うちのこ』は止められないですv-238

あ、それと、返してくれるだけでありがたいので、『おもしろい、おもしろくない』は気にしなくていいですよー(。+・`ω・´)シャキィーン☆ ・・・・金リリアならわからないが(汗) えへへ。さり気にサメ子好きです。
それでは、今回はこの辺でe-463

Re: 法律は決まってますよ(汗)

リリアスキーさん、こんばんわ。

まずは姫の爪先立ちに気づいて頂いてありがとうございます。
リリアスキーさん、大好きです。(〃'▽'〃)

その爪先立ち。
ものすごく高度な技術を要しますが、宜しいでしょうか?

姫の右手…うちのこに隠れてますよね?
実は姫の右手…レフと一緒に私が持ってますw
え? 高度じゃない?
レフを持ったまま姫の手を持つのは、なかなか大変ですよ…って良く見たらレフが見えてるΣ( ̄□ ̄;)

おんぶ。
これはバランスのみですね。
うちのこ、スニーカー履いてますが、これを履くと安定しやすいんです。
因みに肩車の方が難しかったですよw(http://otosora.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

と言う事で、おとそらの撮影技術コーナーでした。
あれ? あきれてる?(゜´Д`゜)

さてさて。
姫はおんぶ拒否がイヤで必死で考えた案だったのですが…あっけなくうちのこに返されてしまいましたw
まぁ、子供の案なんてこの程度ですね…可愛いなぁ、姫(〃'▽'〃)

そういえば、サメ子よ。
「さめ?」

リリアスキーさんがサメ子好きなんだって。
「Σ( ̄□ ̄;)さめっ!?」

「…そ、そんな事をいきなりおっしゃられても/// ワ、ワタクシには恋愛の経験というものがなく…どのように返答すれば宜しいのか…わ、分からないわけでございましてさめヾ(´*д*`)ノシ」
お-、なかなかの純情サメw

「茶化すと食べますさめ(`・ω・´)」
ごめんなさい。

「…と、と、とりあえずは、フ、フレンドからスタートと言うのはいかがでございましょうかさめ?」
ん? サメ子はリリアスキーさんをどう見てるの?

「今までは美味しそうなシロクマさめ」
あっそ(´・ω・`) 今は?

「素敵な私の王子様候補さめ///」
あ~、銀様にライバル登場ですな…勝負が見えてるけど( ̄∇ ̄)

「呑み込みますわよさめ?」
ごめんなさい。


いやはや、姫のほーりつ発言から変な流行が出来たようですね。

青様の法律は…姫、どうした?
「毎日だきついてなかった(´・ω・`)」

これから抱きつけば、青様も許してくれるよ。
「毎日ぎゅーする(`・ω・´)」

頑張れw

っと、最後になんかまた物騒なお方の登場予告が出てきましたねw
公開していただくのが楽しみであります。(*⌒▽⌒*)

いつもうちのこ達を愛して頂いてありがとうございます。

ではでは。(^-^)ノシ
Secret

プロフィール

おとそら

Author:おとそら
うちの娘(こ)達との日常を不定期に載せています。

2013.10.27 ひとまず終了しました。

Twitter:@utinoko_otosora

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。